評価制度

「当社の人事給与制度」G-PDCA サイクルで運用しています。
G-PDCAサイクル
1)G・ゴール(目的・目標)

我社の人事給与制度を運用する目的・目標は職員の公平処遇と人材育成です。

2)P・プラン(計画)

プランとは、人事給与制度の目的・目標である公平処遇の実現と人材育成を行う上での制度を構築することです。
つまり、資格等級制度・給与処遇制度・人事評価制度・人材育成制度を構築しています。

3)D・ドゥ(実施)

構築した制度を実施します。決めたルールを忠実に実施しています。

4)C・チェック(評価・分析)

人事給与制度を運用(実施)していると、色々な問題が生じてきます。適切な時期に人事評価委員会を開催し、問題点を洗い出し、分析しています。

5)A・アクション(対応策)

チェック(評価・分析)の結果、問題がある場合、対策を立て次の計画に反映させています。

G-PDCA サイクルを回しながら、職員の方の働きやすい職場のために、人事給与制度の継続的改善を図っています。

当社の人事評価制度
1)期待像

人事評価の評価基準は会社が求める職員像です。こんな職員になって欲しいなという想いを人事評価表にしています。
我が社の社訓を用い、具体的な行動(モデル行動)を評価表にしています。

2)評価

評価はまず自分で評価します。次に上司が評価します。出来ていること、出来ていないことを明確にします。

3)育成

出来ていることに対しては褒め、出来ていないことに関しては期待像に向けて指導します。

4)処遇

①②③のサイクルを回しながら、人材育成を図っています。そして、評価の結果は処遇(昇給・賞与・昇格・昇進)に回します。

PAGETOP