ウェリナ居宅介護支援事業所

ウェリナ居宅介護支援事業所
居宅介護支援事業所とは

居宅介護支援事業所とは、要介護高齢者が生き生きと自分らしく暮らしていくために介護支援専門員(ケアマネージャー)が相談、助言し、自立を促すための生活を支援する事業所のことを言います。 介護のこと、生活で困っていることなどご相談ください。 身体機能の低下や病気など、高齢になれば誰もが若い頃のようには生活できなくなります。また、心や身体の出来事は突然発生するものです。 突然の状況の変化にご本人様もご家族様も戸惑いや悩みは大きいと思います。 どんなことでもお気軽にご相談ください。

介護の悩みって例えばどんなこと?

① 介護保険サービスを利用するにはどうすればいいの?
② 介護保険申請ってどうすればいいの?
③ 介護施設ってどんな種類があるの?
④ どれくらいの費用がかかるの?
⑤ どんな介護保険サービスがあるの?
⑥ 小松市の地域活動はどんなものがあるの?

電話番号
お問い合わせはこちら
介護保険利用の流れ

介護が必要となる状況はいつも突然訪れます。 「なんで自分が」「どうして家族が」「どこに相談すればいいの?」 「何をどうすればいいの?」思いがけない状況に、つい感情的になりがちです。

でも心配いりません! 私たち「寿」のスタッフが分かりやすくサポートいたします。 介護保険の手続きのことはもちろん、介護保険のご利用方法などについても 分かりやすくご説明いたします。

介護作業のステップ
STEP.1  介護保険が必要になった

介護が必要になった方をご家族様だけで支えていくことはとても大変なことです。 そんな時、ご本人様とご家族様の支えとなるのが介護サービスです。

介護サービスを利用するメリット

① 要介護者の心身状態の改善
② ご家族様のご負担を軽減
③ ご家族様・要介護者が安心して暮らせる

介護画像1 介護画像2
介護保険とは

介護保険制度は、介護という問題を社会全体で支え、介護が必要になった場合でも、安心して暮らすことができる社会を目指すためのものです。 65歳を超えると介護保険者証が各地方自治体から送られてきますが、介護保険者証を使って介護保険を利用すると介護サービス利用のための費用負担が原則として利用料金の1割に軽減されます。 この制度を利用するためには各地方自治体への申請と、介護が必要かどうかの認定を受ける必要があります。

介護認定申請の概要
対 象 40歳以上の被保険者
・主に65歳以上の高齢者
・64歳以下の方は老化によって起こる特定の症状がある場合のみ認定申請可能
申請先 お住まいの地域の市町村役場
必要書類 要介護認定・要支援認定申請書
※お近くの介護サービス事業所

(居宅介護支援事業所、地域包括支援センター)にて代行手続きを行っております。
介護保険被保険者証
申請費用 原則無料(一部費用が発生する場合があります)
※詳しくはお近くの介護サービス事業所までお問い合わせください。
STEP.2  介護認定申請

介護認定の申請は以下の手順に従って行います。

要介護認定の申請

まず、お住まいの(住民票がある)市区町村の介護保険担当窓口に「要介護認定」を求める申請を行います。この時に、主治医の意見書も添えて提出します。認定の申請は被保険者(介護保険を受給するご本人様)またはそのご家族様が行います。 (市によっては代行申請もできます)※意見書の作成のために診察が必要となります。(作成には1週間程かかります。)

//
訪問調査

市町村から派遣される認定調査員がご自宅を訪問。 被保険者様の心身状態を調査し、その結果をもとにコンピュータによる一次判定が行われます。

//
介護認定審査会

訪問調査と一次判定の結果や主治医意見書を元に介護の必要性・程度について審査します。

//
要支援・要介護の認定

申請から30日程で介護認定審査の結果が通知されます。(遅れる場合は市から連絡が来ます。)介護サービスを受けなくとも自立できる方は「非該当」の認定、適用される場合は「要支援」または「要介護」の認定が通知され、要支援の場合は1〜2段階、要介護の場合は1〜5段階に分けられます。介護保険の申請はこれで完了となります。


※認定結果に不満がある場合
市町村の介護保険窓口に相談し、決定の経緯や理由を確認してください。それでも納得できない場合は、被保険者様(ご本人様)もしくはそのご家族様であれば、通知があった翌日から60日以内に都道府県の「介護保険審査会」に申し立てをすることができます。

STEP.3  ケアプランの作成

介護認定の申請が完了したら、次はケアプラン(介護計画)を作成します。

ケアプランとは

介護保険のサービスを利用するためにはケアプランを作成しなければなりません。 ケアプランとは、介護を必要としている方に対し、どのような介護サービスを「いつ」「どこで」「どの程度」提供していくかを定めた介護計画書のことです。介護を必要とされている方の症状はお一人ごとに異なるため、ケアプランもお一人だけのオーダーメイドとなります。一人ひとりの状態に合わせることはもちろん、ご本人様とご家族様の安心な生活を支援することを目的としています。
※ケアプランの作成は原則無料です。

ケアプラン
適切なケアプランを作成するためには

利用者様・ご家族様の意向を尊重します。 利用者様にとって適切なケアプランを作成するには、要介護となった方の心身の状態はもちろん、ご家族様の負担も視野に入れることが重要です。 例えば、病気等で障害をお持ちになり介護が必要になった方が日中、通所介護などを利用することによってご本人様はもちろんご家族様も自分らしく、また生きがいを持った生活につながります。 つまり、ケアプランを作成する際には、ご本人様だけでなく介護するご家族様もそれぞれの心身にプラスとなるプランを立てることが大切です。

STEP.4  介護サービスの利用

株式会社寿では下記の介護サービス事業を展開しております。
① 通所介護施設 デイサービス愛
② 住宅型有料老人ホーム ウェリナ
③ ウェリナ訪問介護事業所
④ ウェリナ居宅介護支援事業所
⑤ 住宅型有料老人ホーム NOA
⑥ 通所介護施設 デイサービス NOA

STEP.5  介護サービスの提供状況の確認

担当のケアマネージャーが各福祉サービスの提供状況と効果を定期的に評価します。ご利用者様だけでなく、ご家族様からもお話を伺い、変更が必要な場合は適正な内容に見直し・調整を行います。ケアプランの見直しは何度でも可能。より効果的なケアプランの作成を行います。

電話番号
お問い合わせはこちら
PAGETOP